(145/430) MHZ1エレ変形AWHアンテナ

最近アンテナアナライザー RigExpert社のAA-600を購入したので、変形AWHアンテナのSWR特性を調べてみました。
AA-600は、周波数範囲が、0.1~600MHZまでの、SWR 単一周波数、5波周波数、SWRグラフ、スミスチャート等いろいろ計測できます。
まず、計測するアンテナですが、以前製作していた、2エレ変形AWH(OHC)アンテナのラジエーターを使いました。まず形状、寸法は下記のとおりです。参考値として下さい。
画像


下記が実際のアンテナの写真です。
画像




アンテナはアルミの平板で幅10mm厚さ2mmです。アルマイト処理がしてあるので、少しやすり等で削って使用しています。また、MMANAのシュミレーションではアンテナの径を入力する欄がありますが、これは丸パイルの半径なので、平板は幅*0.25として、2.5mmで計算しています。
これは、「ハムのアンテナ技術」P33から円形断面で変換した場合の等価半径によっています。
マッチングはヘアピンマッチングでやっています。幅30mm長さ90mmとなりました。

まず、145MHZと435MHZのビームパターンは、MMANAから下図のようになります。
画像


画像


435MHZでゲイン7.3dbdとなり、水平成分はみられませんでした。

MMANAでのSWR特性とAA-600のSWR特性図を比較してみます。
画像

下記がアナライザーの表示です。若干数値が違いますが、形はよく似ています。

画像


435MHZ帯の MMANAでは、下記のとおりです。

画像

AA-600では、
画像


実際のリグ(FT726+RW271A(SWR計)では、SWRが1.05とほとんど針が振れていませんでした。
画像




【ロープライスエブリディ 25%OFF】DIAMOND ANTENNA 第一電波工業SX-40C (SX40C)144?470MHz 交差形電力計クロスニードルSWR/パワー計
ACCESS東海楽天市場店
DIAMOND ANTENNA 第一電波工業 交差形電力計 クロスニードル SWR・パワー計 SX-

楽天市場 by 【ロープライスエブリディ 25%OFF】DIAMOND ANTENNA 第一電波工業SX-40C (SX40C)144?470MHz 交差形電力計クロスニードルSWR/パワー計 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

いそぴぇ
2016年04月27日 17:38
フラクタルアンテナのSWRを検証して頂ければ非常にうれしいのですが、いかがでしょうか。
非常に小型化が可能だと思っているのですが当方には機材がないため検証ができません。32cmの正三角形タイプ4次(最小一辺2cm)でFM帯域辺りではないかと思っているのですが、、、

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 店舗

    Excerpt: (145/430) MHZ1エレ変形AWHアンテナ としくんの趣味の部屋(無線、園芸、エコ生活・・)/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 店舗 racked: 2013-07-03 19:51