Twin Diamond Antennaについて

広帯域なループアンテナとして、Twin Diamond Antenna をシミュレーションしてみましたので、紹介します。
このアンテナは、ひし形のアンテナを上下または、左右に2つ配置したアンテナです。(単体考案者 ヨコオ)
図のように中間の箇所から平行線路でつないだアンテナとなっています。
まず形状は下記のとおりです。
中心周波数380MHZとしています。
画像


線径は直径4mmです。

また、このアンテナのビームパターンは下記のとおりです。
縦(上下)に配置していますので、水平偏波となっています。パターン図の特徴として、垂直成分があまりでなくなっています。
ゲインは2.5dbdと少し少な目でした。

画像


SWR特性は、インピーダンス50Ωとしています。比帯域幅40%以上SWR<2となっています。
画像


同様に地デジにアンテナ用にして、シミュレーションしたのが下記のSWR特性図です。
寸法は割愛します。
画像


地デジの周波数帯に入っています。SWR<2 470MHZ~730MHZ
これがもう少しゲインがあったらと思います。
また、実際に試作して、確かめたいと思います。

今日のNHKテレビのクローズアップ現代でスパコンができて、いろいろなプログラムでシミュレーションができて早く開発できると言っていました。
アンテナも簡単にシミュレーションができるので、いろいろなアンテナをこれからも考えてみようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック