2エレ変形AWHアンテナ(2号機)のSWR特性について

今回2号機変形AWHアンテナのSWR特性を、調べてみました。
まず形状は下記の写真のとおりです。寸法については、割愛します。(以前のブログ参照)
画像


反対側からに見たのが、下記の写真で、次にヘアピンの詳細を載せております。
ヘアピンの部分が放射器となります。
画像


画像


このように塩ビのパイプを利用して中に同軸ケーブルを入れています。
出口は中継コネクタをつけています。
画像


次にアンテナアナライザーの計測の結果です。
少し高く435MHZで1.28となっています。
画像


435MHZの帯域では、下記のようになりました。少し中心周波数が高くなっていました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック