タラの芽 ふかし栽培

1月にたらの木を整理しようと、少し伐採しました。そのとき一部20cmくらいにを切り取り、写真のように、牛乳パックに水をいれて、窓際においていたら、「たらの芽」が大きくなっていました。 実際には、4月中旬に大きくなったのが食べられますが、ふかし栽培は小さいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たんじゅん農法

最近農業雑誌やWEBでたんじゅん農法が目についていましたが、今回木質チップが無料で手に入りましたので たんじゅん農法を試してみることにしました。 まず、たんじゅん農法ですが、次のことが言われています。 「たんじゅん農法(炭素循環農法)とは、木質チップなどの炭素資材を畑に投入することで、土中の糸状菌(きのこ菌)が活性化してバラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地産地消エネルギー

今日NHKで地産地消エネルギーを放映していました。私の県では、木材チップを燃やして電気を作るプラントが計画されているようです。また。夢の扉でも波力発電のことをやっていましたが、いろいろバイオマス、風力、水力、太陽光発電と考えられているようです。 近くの山では、松くい虫でやられたのか、松が枯れています。これもエネルギーになればいいのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年元旦

自宅前の川に近年から白鳥が数羽、舞い降りてきています。 今日は自治会の新年のあいさつがあり、出かけた帰りに白鳥が川にいました。 昨年のお米のモミが残っていたので、モミを撒いたら、啄んでいました。 今年も良い年だといいのですが。 昨年からやっている435MHZと、145MHZのデユアルバンドの変形AWHアンテナが製…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNE クワッドについて

今月のCQ誌にUNEクワッドの記事が載っていたので、さっそくMMANAでシュミレーションを行いました。 ゲインは2.2dbbくらいで、ヘンテナより低いです。ベント部で給電すると、SWRが若干低くなりました。 ヘンテナより、広帯域のような感じです。 中央部の給電でもマッチングがとれました。このほうが、水平偏波部分が多くなるように思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

70cm band Gray hoverman antenna

HTV アンテナを参考に435MHZ用に製作されていました。 http://sa555.blogspot.jp/2013/10/70cm-band-gray-hoverman-antenna.html しかし、インピーダンスが200Ωなので、50Ω用に変更してみました。 50Ωにするには、1:4のバランが必要となりますので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2エレLazy-Hアンテナ 430MHZ

WEBで、2エレのLAZY-Hアンテナの製作記事を発見しました。 LAZY-HとはAWHを横にしたものです。 よって水平偏波となります。 外国(LY3LP)のブログでしたが、ゲインは10.8dbあるというものでした。 2エレ変形AWHアンテナに似ていますが、給電部分の水平分が少し長い感じでした。 http://www.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3エレデュアルバンド変形Vビームアンテナの製作

実際のアンテナの製作を紹介します。 材料は、アルミパイプ(φ18mm)1本70cm       アルミパイプ(φ5mm)4本1m       塩ビ板  1枚、アルミ線3mm1m 「曲がり」3個       ステンレスUボルト3個       ボルト、ナット3mm20mm3個       同軸ケーブル、ワッシャー2個 等です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デュアルバンド変形Vビームアンテナ(1)

変形AWXアンテナの片方の形を、使ってデュアルバンド変形Vビームアンテナを製作しました。 まず、設計ですが、MAANAのソフトを使って行います。 まず以前の3エレVビームアンテナは下記のとおりでした。 435MHZでのビームパターンおよびゲインは下記のとおりです。 エレメントをVの字にすることによって、435…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーヤの収穫

小さなハウスでゴーヤの苗を植えていたら、大きくなっていたので収穫しました。 今までで一番大きなゴーヤが収穫でしました。長さ39cmでした。 写真を載せておきます。 これから秋野菜の種まきのシーズンです。少し涼しくなってきたので、いろいろな野菜を栽培しようと、思います。 アンテナの製作も少しずつ行っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブドウの収穫

今年20aのデラウエアの栽培を頼まれて、やっと8月中旬の無加温のデラの収穫が終わりました。 シャインマスカットもありますが、9月上旬になる予定です。今紙袋の中にあります。 中の状態はよくわかりません。 デラの栽培していた圃場のとなりのシャインマスカットの状態は、下記の写真です。 透明な袋ですので、中がよくわかりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブドウ栽培

昨年から営農組合ではないが、4人でブドウ栽培を始めています。昨年はデラウエアにシャインマスカットを高継ぎしています。今年も残った木にシャインとクイニーナを継いでいますが、天候の具合いかあまりうまく着いていません。 写真が現在のシャインマスカットの状況です。 次の写真は、3月に新植したシャインマスカットの木の状況です。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西洋おきな草

1昨年購入した、西洋おきな草がやっと開花しました。日本おきな草に比べて約1か月遅れています。 うまく種ができれば、採取して増やしたいと思います。 花の色は、明るい紫色です。日本のおきな草は地味な色です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰カメリアンクラブ

今日午後から、松江の城山入口で山陰カメリアンクラブ主催の椿の祭りがあり、参加しました。 毎年ありますが、最近は毎回参加しています。この会に入って20年以上になります。 会費を払い、好きな椿苗をもらいます。 松江や山陰は自生の藪椿が多く、枝替わり等でいろいろな椿が紹介されています。 少し紹介します。 これは、品種名は「村…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

おきな草 の開花

例年4月中旬に私の庭のおきな草が開花していましたが、今日見たらおきな草が、開花していました。 最近の異常気象で気温が高くなったからかなと思います。 このおきな草は、自生していたおきな草の種をまいて増やしたものです。 自生地が真砂土であったので、砂地に植えています。 毎年種が飛んで増えています。 春の山菜の「タラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しいたけ栽培

菌床しいたけを昨年11月に1個JAからもらったが、5回目の収穫が近づいています。 3回までは順調であったが、4回目からは、水に浸したりして続けています。 ビニール袋に包み湿度を下げないようにしています。何回収穫できるか試したいと思います。 下記の写真は、原木栽培のしいたけです。 自宅の離れの建物の間を利用して20本くらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2エレ変形AWHアンテナ(2号機)のSWR特性について

今回2号機変形AWHアンテナのSWR特性を、調べてみました。 まず形状は下記の写真のとおりです。寸法については、割愛します。(以前のブログ参照) 反対側からに見たのが、下記の写真で、次にヘアピンの詳細を載せております。 ヘアピンの部分が放射器となります。 このように塩ビのパイプを利用して中に同軸ケーブルを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Twin diamond antennaSWR 特性

実際にTWin Diamond Antennaの試作を行い、調べてみました。 材料はホームセンターにある、園芸用のアルミ線φ4mmです。最近は茶色しかないので、茶色のアルミ線を購入しました。 寸法は、1月8日のブログのとおりです。接合部はアルミ線を、金槌で叩いて平たくして、中間部は2.5mmのボルトとナットで、給電部は、3mmのボル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コハクチョウ

1月も中旬過ぎたが、1月1日に自宅前の川にコハクチョウが3羽泳いでいました。 昨年も来たらしいのですが、最近よく見かけるようになりました。 少しパンのかけらを与えておきました。場所によっては、たくさんの白鳥類が飛来してきています。 田んぼに水を溜めておいて、鳥を呼んでいるところもあるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Twin Diamond Antennaについて

広帯域なループアンテナとして、Twin Diamond Antenna をシミュレーションしてみましたので、紹介します。 このアンテナは、ひし形のアンテナを上下または、左右に2つ配置したアンテナです。(単体考案者 ヨコオ) 図のように中間の箇所から平行線路でつないだアンテナとなっています。 まず形状は下記のとおりです。 中心周波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more